ホテル客室稼働率の推移

コロナウィルス感染拡大防止が叫ばれる最中、交通機関の利用と共に宿泊施設の利用も減少しており、この状況の把握も有意義な情報として取りまとめました。データ出所はREIT各社それぞれの月次実績に加え、観光庁の宿泊旅行統計調査とJR東海の月次実績です。


景気状況を反映したか昨年11月頃をピークに、客室稼働率が緩やかに低下傾向に転じていたところで、「コロナショック」に見舞われた様です。ホテルREIT各社の3月稼働率の開示はまだですが、名古屋駅前に2ホテルを有すJR東海の3月実績の水準が参考になるものと思われます。